私達が食べ物を口にした時、最初に胃に送られ消化が行なわれます。
胃の入り口には食道下部括約筋という深層筋(インナーマッスル)があり、
食べたものが胃に入ったあとで逆流をしないように必要に応じて開閉が行われます。
食道下部括約筋は雑巾をしぼったような形で開閉をするのですが、深層筋の力が弱くなってしまったり、
胃の入り口が広い体質であったり、または胃液が過剰に分泌されるようになってしまうと、
うまく開閉動作が行われず胃液が食道方向に逆流していってしまいます。
この逆流現象を病名として「逆流性食道炎」と呼んでいます。

逆流性食道炎はこれまで、深層筋の力が衰えてくる中年期以降の人の病気として扱われてきましたが、
近年では若い世代にも多く見られるようになってきました。
この病気になると、空腹時に胃液が食道から口腔内に入り込んでくるため酸っぱい・苦いような感覚がしてしまったり、
喉の痛みや胸焼けといった不快感を感じるようになってしまいます。

ふつう食道炎という病状は、口から胃に通じる食道部分に炎症が起こり、痛みなどを感じるようになる病気なのですが、
逆流性食道炎の場合必ずしも食道部分に傷(炎症)が起こるわけではないということが特徴となっています。
この病気のうち、炎症など損傷が起きていない場合は「非びらん性胃食道逆流症」として区別がされています。
非びらん性胃食道逆流症が多いのは若い世代の女性で、食事をしたときになんとなく不快感があったり、
空腹時に胸焼けがしたりゲップがよく出るようになったりというような症状がみられます。

また、最近医学会で注目をされているのが「バレット食道」という症状です。
これは逆流性食道炎が慢性的に続いてしまうことによって、
本来食道として機能していた箇所が胃の上部の円柱上皮に取り込まれてしまうことをいいます。
バレット食道が注目をされている理由は、
放置をしていると食道がんに以降してしまう可能性が非常に高くなってしまうためです。

逆流性食道炎はそれ自体は深刻な病気ということではないのですが、長く放置をすることで
胃の機能に不調が起こる機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)と合併した症状が起こるようになってしまいます。
初期の頃に病気に対して適切な対応をしていくことで、のちの怖い病気への発展を防ぎ長く胃腸の健康を保つことができます。
まずはこの病気や症状はどのような原因によって多く引き起こされ、どのような自覚症状が現れるかを知っておいてください。
このサイトでは逆流性食道炎への対応の方法をさまざまな方面から検証していきます。