胃腸道逆流症の一つが逆流性食道炎ですが、これは別名「びらん性胃食道逆流症」とも呼ばれ、
びらん(糜爛。皮膚表面の表皮部分)に損傷が起きてしまう食道炎のことをさしています。
逆流性食道炎では、強い消化能力のある胃液が胃の内部から食道に逆流してきて、
食道の内壁の粘膜を破り、表皮に炎症状態を起こします。
ですが、あまり逆流性食道炎の程度が進行していないときなどは、
逆流という状態は起きるものの炎症など傷となって残るようなことは起きない場合があります。
このような、胃腸道逆流症は起きているもののそれによって早急に治療が
必要となるような炎症が起きていない症状のことを「非びらん性胃食道逆流症」として区別して呼称しています。

非びらん性胃食道逆流症の症状の特徴は、胃液が食道内部に出てくることによる
胸焼けや呑酸(どんさん:口の中に酸っぱいようなものが上がってくること)、胃もたれや嘔吐感などです。
喉周りにイガイガとした深いな症状を慢性的に感じるような場合もありますが、
医師にかかってみても特に悪いところが見つけられないというケースが多いようです。

ただし、炎症が起こっていないからといって油断して放置しておくことはいけません。
最初は非びらん性胃食道逆流症であっても、長期的に症状が続くことでダメージが蓄積され、
やがて炎症が生じるようになったり、最悪の場合には胃がん、食道がんなど
怖い病気の発生原因となってしまうことがあるためです。

胸焼けや喉周りの不快感といった体の不調が起きた場合には、
まずどのような時間やきっかけでどんなふうに不快感があるかということを
しっかりとまとめて医師に説明をできるようにしておくことで適切な対応方法を提案してもらえます。
朝起きた時に胸がムカムカする、食べたあとにゲップが出るなど、
できるだけ具体的に自覚症状についてはまとめておくようにしましょう。

非びらん性胃食道逆流症の場合、逆流性食道炎の治療のようにいきなり薬剤を処方されることはまずありません。
非びらん性胃食道逆流症の改善のために必要なのは、まず食生活や生活スタイルといった間接的な体質改善です。
食事の内容についても、肉類など動物性脂質が多めのものをよく食べていると治りが悪くなってしまうので、
治療期間中はできるだけ食べないことをすすめられます。

非びらん性胃食道逆流症は、どちらかといえば若い世代の特に女性に多く見られる症状です。
過度なダイエットにより過食症・拒食症のような摂食障害が起こっていたり、
一日中デスクワークをしていて前かがみの体勢が続いているような人によくみられる傾向があります。