最近胃の調子が良くないなと思う時、空腹時などに胸焼けや呑酸などの症状が起こるようになってきます。
これらの胃付近からの不快感をもたらす症状は、胃酸過多によって主に引き起こされるものです。
この胃酸過多という胃腸の機能障害によって何らかの症状出てしまうことを総じて
「機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)」と呼び、
その中でも代表的な逆流性食道炎とほぼ同じような意味で使われるようになっています。
逆流性食道炎とは、食道と胃の繋ぎ目にある食道下部括約筋がうまく開閉しなくなってしまうことにより、
本来上から下にしか流れないはずの胃の内容物が、誤って食道方向に逆行していってしまうことにより起こります。

参考サイト:逆流性食道炎(病気ガイド)

括約筋というと同じ名称のものに「肛門括約筋」がありますが、
食道下部括約筋の場合肛門部のものとは違って、伸び縮みではなく雑巾を絞るような形で開閉動作が行われます。
この絞り込みの動作はかなり筋肉の力を要するものなので、お腹に脂肪が多くついてしまったり、
前かがみの姿勢が続いてしまうことで腹圧が強くなると、
負担により力が緩くなり十分に引き締めを行うことができなくなってしまいます。

逆流性食道炎はこの引き締めに加えて胃酸の量が過剰になることによって不快症状が生まれます。
胃酸は食物に付着していた雑菌などを殺す非常に強い酸性の分泌液です。
この病気の原因は胃液の量もそうですが、酸性が強くなってしまうということも関係しています。
強い酸性の胃酸になると、逆流をしたときに食道に与えるダメージが大きくなります。

逆流性食道炎として医師の診断を受けると、PPIなど胃酸を弱める薬剤を処方されます。
PPIは胃酸の量を減らすと共に、酸性を弱める力のある非常に効果の高い薬品です。
既に炎症の進行が進んでおり、慢性的に胸のむかつきや胃液の逆流を感じている人にとっては
大変に便利な対処方法なのですが、胃酸の力を弱めてしまうことにより服用中に雑菌が口から中に入ってきてしまうと、
それがもととなって重大な病気が起こってしまうことがあるので注意が必要です。
医師の診断を受けるのを避けて市販の胃酸を抑える薬を飲む人もいるようですが、
市販されている医薬品の中にもこの胃酸を弱める効果が非常に高いものがあるので、
あまり長期的に服用をしない方がよいでしょう。

逆流性食道炎の治療や予防はそれ単体で考えるのではなく、
他の体の働きと合わせて総合的に対処方法を考えていくことが大切です。