逆流性食道炎は、最近頻繁にニュースやCMで聞かれるようになってきた病気の名前です。
その病気名称が示すように、逆流性食道炎では一度食べて胃の中に入ったものが逆流をし、食道を傷つけてしまうことからさまざまな体への悪影響が出てきます。
人の体の中では食べたものを消化するために胃液が常に分泌されているのですが、体内でも最も強い消化液である胃酸は時にそれを分泌する人本人の体を傷つけてしまうこともあります。
口から胃袋までをつなぐ管のことを「食道」といいますが、食道は本来強い力をもった胃液を通すことを前提にされていない器官であるため、逆流性食道炎によって胃液が流れこんでくると内壁の粘膜が傷つきそこから炎症などの症状が発生してしまいます。

逆流性食道炎となったとき、自覚症状としては以下のようなものが多く発生します。
まず最初に感じるのが、胸焼けやちりちりとした胸の痛みです。
食べたものが逆流をしかけて通常とは違った動きをすると、うまく消化がされずに胸内部に強い不快感を及ぼすことになります。
また胃液が逆流して食道から口腔内にまで侵入してくると、なんとなくすっぱいような感じがしてきます。
胃液とともに消化管内で発生するガスも逆流してくるので、呑酸という不快感を伴うげっぷが連続して起こるようになってきます。
さらに逆流性食道炎により食道内部に損傷がおきてしまうと、ものを食べたり飲んだりしたときにそれが刺激となって痛みや違和感を感じるようになってしまいます。
もっと悪くなると飲食そのものが困難に感じられるほどにもなり、食欲がなくなってしまうことにもなります。
逆流性食道炎の他にも食道部分に起こる病気はいくつかありますが、いずれの場合も人の体の健康維持に欠かせない食べ物の摂取をしづらいものにしてしまうので早めに治療や対策をとっていくことが大切です。

もしものを食べたり飲んだりしたあとにすぐ胸焼けや呑酸の症状が出るという場合には、まず逆流性食道炎を疑ってみる必要があります。
逆流性食道炎は脂肪の多い食べ物を日常的に食べていたり、肥満の体格や姿勢の悪さにより胸のあたりに圧迫を与えている人に多く起こります。
これまでは代謝力が落ちる中年期以降の人によく見られる病気として知られてきたのですが、ここ最近ではかなり若い世代にも逆流性食道炎の症状は広がってきています。
ですが逆流性食道炎は早い段階で医師の診断を受け、適切に生活習慣を改善していくことで早くに回復をさせていくことが可能な病気です。