逆流性食道炎はひどくなった場合には外科手術をすることがあります。
ふつう一般的には逆流性食道炎の治療は薬物療法と生活習慣の改善によって行っていきますが、かなり症状が進行してしまっているときには手術によって治療をする場合もないわけではありません。
逆流性食道炎の症状は、胃と食道をつなぐ下部食道括約筋という筋肉の力が弱くなってしまうことにより起こります。
この筋肉は加齢などにより全身の筋肉量が落ちたときに締め付けがうまくできなくなってしまうことで正常な働きができなくなってしまうようになっています。
この筋肉の緩みがあまりにも進行しすぎていると、薬物療法や生活習慣の改善だけではしっかりと閉じることができなくなってしまうので、外科的に食道を狭くする手術が必要になってきます。
また逆流性食道炎が進むことで食道裂孔ヘルニアという胃の一部が横隔膜にまでせり出してしまう状態が併発されることもあるため、その場合にも強制的に胃を横隔膜から引き剥がすという施術をしていく必要があります。

逆流性食道炎の手術をする場合には、お腹に複数の小さな穴をあけ、そこに内視鏡と機材を挿入して行うようにします。
開腹をして手術をしてしまうと完全に体が快復するまでに長い時間がかかってしまうとともに、大きな負担をかけることになってしまいます。
そのためできるだけ患者さんの体に負担をかけず、早く手術の後が完治するこの方法がとられています。
ただ、手術中は全身麻酔をするので患者さん自身が実際に手術を受けていることを意識するということはありません。

逆流性食道炎の手術をするときの費用の目安はだいたい30万円くらいが相場となっており、これに健康保険を3割で適用した場合には自己負担分はだいたい9万円くらいになります。
ただ手術をする場合には逆流性食道炎の他に何らかの病気があることも多いので、それによって費用や入院期間が大きく変動することもあります。
逆流性食道炎だけの手術の場合には入院期間はだいたい1週間くらいとなっています。
手術は開腹をせずに行いますが、施術後はきちんと下部食道括約筋の通り道が確保されているかということを確認するため、チューブを差し込んだりして経過をみなくてはいけません。
また、場合によっては再手術の必要も生じてくるので外科手術をすれば必ず完治をするというわけでもありません。
逆流性食道炎における外科手術はあくまでも最終的な手段ですので、やはり治療にはあくまでも自力での習慣改善が最も確実な方法と言えます。