安くて栄養価の高い鶏むね肉

鶏肉の部位はいろいろスーパーで見かけることができますが、中でも価格が一番安いのが「むね肉」です。

ですがむね肉は他の鶏肉に比べて脂分が少なく、そのまま煮たり焼いたりするとパサパサになっておいしくないのでついつい敬遠しがちになります。

ですが安かろう悪かろうということは決してなく、実はこの鶏むね肉は他の部位にはないような優れた栄養分が備わっています。

価格も安いし栄養価も高い、とてもお得な食材の一つなのでぜひいくつかレシピとして覚えておいて上手に胃腸をいたわるメニューを作りましょう。

鶏むね肉を料理するときのコツとしては、単体だけ調理するのではなく相性のよい食材を使うということがあります。

鶏むね肉と一緒に料理して美味しい野菜としてはいろいろなものがありますが、中でも冬野菜の定番でもある白菜はとても美味しく料理の幅が広がるものとなっています。

白菜も非常に栄養価の高い野菜であり、利尿作用やデトックス効果など非常に解毒の力が強いので一緒に食べることで悪いものを早くに追い出し健康な体を維持しやすくしてくれます。

むね肉と白菜をシンプルに煮てみる

むね肉と白菜の組み合わせといえば、ぱっと思い浮かぶのが「水炊き」です。

お鍋に出汁を入れてざっくり切った鶏肉と白菜などの野菜を入れただけのシンプルなお鍋ですが、それだけにとても美味しく手軽に作ることができます。

白菜もむね肉も味がつけやすく料理のし易い食材となっているので、あまり普段料理をしないという人でも簡単においしく作ることができます。

最も簡単な料理方法としては、むね肉一枚を一口大に切り、同じくザクザクと切った白菜と一緒にお鍋に入れて薄味のだし汁を使って煮込むというものがあります。

むね肉の色が白っぽくなり、白菜の根本部分が透明になったら出来上がりです。

お好みで醤油味にも味噌味にもなるので、忙しいときなどにはさっと作って食事のメニューに加えてみてください。

おすすめの他の食材

むね肉と白菜だけではちょっと具材が足りないかなと感じるなら、他にも数種類の食材を混ぜてみるのがおすすめです。

お鍋気分でいろいろありものを入れてもいいのですが、中でも特に相性がいいのがしめじやえのき、まいたけのようなきのこ類です。

きのこ類もローカロリーで栄養価が高い食材なので、ダイエット中で多くの量を食べることができない時期にも上手に栄養を摂取する手段として使えます。

味付けにももう一工夫欲しいというなら、出汁にちょっとみりんや醤油を入れてみたり、隠し味として片栗粉を入れるとほんのりとろみのある美味しいスープが出来上がります。

むね肉と白菜を柔らかくに煮込むと消化にもよいので、風邪を引いたときや少し体力が落ちてきたと感じる場合などにはとても重宝する料理となります。

風邪対策で使うならそこに体を温める作用のある生姜などを加えればよりおいしく食べることができます。

カロリーを気にする人はむね肉から皮の部分を取り除いておくと相当減らすこともできます。