魚の練り物に含まれるパワー

はんぺんといえば、コンビニなどでおでんの具材としてよく見かけます。

はんぺんを漢字で書くと「半平」もしくは「半片」となるのですがこの語源については諸説があり、どうしてこの食物がはんぺんという名称になったのかということはよくわかっていないようです。

ただ製造方法については江戸時代から既に現在に近い方法が確立していたようで、白身魚を練り物として固めたものを調理して食べます。

地域によってはイワシをはんぺん材料として使用して作る「黒はんぺん」というものもあるようです。

一般的な白いはんぺんの材料は主にスケトウダラなどの白身魚で、それを新鮮なうちにすり身にしたあとで工場内で調味料などを加えて成形していきます。

ちなみに「すり身」は外国語でも「SURIMI」と呼ばれる共通言語で、日本独自の調理加工方法として知られています。

白身魚にはタンパク質が豊富に含まれているとともに、人の体にとって大変有益な栄養素がたっぷりと含まれています。

魚の体を骨ごと砕いて柔らかくする「すり身」という製法を使うことにより、普通に食べたときには捨ててしまうような小骨や皮なども一緒に食べられその分栄養素を余すところなく摂取できる大変すぐれた製品と言えます。

はんぺんを使ったレシピ

はんぺんはかまぼこのようにそのまま食べることができる食品ですが、おいしく食べるにはやはり一工夫があった方がいいようです。

最初に挙げたようにおでんとして煮てもいいですし、他にも軽く表面を炙って香ばしさを出したり、中にチーズやツナを詰めてもおいしく食べられます。

手軽に食べるならさいの目に刻んでサラダに混ぜるのもいいですし、チーズの代わりにトマトに挟んでオリーブオイルで食べればちょっとしたオードブルになります。

ちょっと変わったものとして紹介したいのが、はんぺんを中の具材として使用する「はんぺんコロッケ」です。

コロッケはふつうじゃがいもを柔らかくしたものを潰して衣で包みますが、そこにはんぺんを一緒に入れて練っていくことで、より食感が軽いコロッケをつくることができます。

じゃがいもは栄養価が高い野菜ですが、コロッケのように塊にして食べるとどうしても胃もたれがしやすく、パサパサした感じがしやすくなります。

そこではんぺんをいくらか加えてみることで、胃もたれしにくくふんわりと食べられるライトコロッケになります。

胃が弱ったときや離乳食にも

はんぺんはコロッケなど普通ならば重くなりがちな食品に入れていくことで、カロリーを減らし軽めの口当たりにすることができます。

胃腸がちょっと弱くなってきたなと感じる時期や、まだ本格的な食事に慣れていない離乳食の時期、また歯の弱い高齢者にとってもはんぺんはとてもおすすめできる食材です。