日常的に起こりやすい病気のひとつ

現代人はストレスや食生活などの影響により様々な病気を引き起こしやすい環境を自ら作っていると言われていますが、日常的に起こりやすい病気として知られているのが急性胃炎です。
急性胃炎は胃粘膜の炎症により発症する病気であり、すぐに治りやすい反面で再発しやすいことから場合によっては慢性胃炎になることも考えられます。

参考:主な胃の病気、胃の状態や症状 急性胃炎

急性胃炎の原因

急性胃炎になる原因は色々考えられますが基本的には日常生活の影響が大きいと言われています。
大きな原因としては刺激を受けることと、感染症など体内に存在しているものが原因になることがあります。

胃粘膜に刺激を与えると考えられるもので代表的なのは、日常的に摂取している食べ物や飲み物があります。
アルコールやコーヒー、塩辛い香辛料、冷たすぎるものや熱すぎるものなどが胃粘膜に刺激を与えるとされています。
これらを日常的に摂取していると胃粘膜が限界に達して急性胃炎を引き起こすと考えられるのです。
他にもアスピリンなどの鎮痛薬や抗生物質、副腎皮質ステロイドなどを服用したことの副作用や、過剰なストレス、喫煙、不規則な生活習慣なども胃粘膜に刺激を与える原因になります。

体の中に存在しているものとしては、風邪やインフルエンザウイルスなどの感染症や牛乳や小麦粉などの食物アレルギー反応があります。
これらの影響によって胃粘膜にダメージを与えている可能性もあるので注意が必要です。

急性胃炎の症状について

急性胃炎の症状としては、胃のむかつきや不快感、痛みを感じる方が多いです。
中には嘔吐を繰り返したり、場合によっては吐血する方もいます。
食欲がわかずにあまり食べたくないという気分になる方もおり、あまり食べていないのにお腹が一杯になってしまう感覚になる場合もあります。
複数の症状が重なる場合もありますので、人によっては耐え難い症状だと感じることもあります。

急性胃炎の治療法

まずは症状に合わせて投薬を行う薬物療法が中心になります。
胃のむかつきや嘔吐の症状がひどい場合には一日絶食を行って胃の働きを休めるようにして点滴で栄養補給を行うようにします。
胃を休ませるだけでも症状が良くなってくる方もいますので、少しずつ胃の働きを回復させるためにいきなり通常食を摂らずにおかゆやうどんなどの消化しやすい食事から再開して徐々に通常食に戻して様子を観察していきます。
通常食に戻ってからすぐにアルコールなどの刺激物を摂取すると再発することもあるので、これらの刺激物の摂取は控えるようにします。

他にも胃酸の分泌を抑えて胃粘膜を回復させるために必要な薬を服用したり、出血が見られる場合には止血剤を用いる場合もあります。
患者さんの容態を判断しながら適切な治療が実施されますが、基本的には回復までの期間は早いです。