日本人の増加傾向が予想される病気

日本人の食生活が変化したことで様々な病気を引き起こす原因になっていると言われています。
食の欧米化に伴って生じやすい病気として懸念されているのがバレット食道です。
バレット食道は食道がんに発展する可能性が高い病気としても知られており、近年は患者数が着々と増えていることから、今後も更に増える可能性があると考えられています。

バレット食道の原因

バレット食道になる原因ははっきりとわかっていない部分も多いのですが、現在の説として有力なのは食道へ胃酸が逆流することが関係している後天的な病気であるということです。
胃酸が逆流することで食道の粘膜が炎症を繰り返して細胞が変化してしまったことが原因になると考えられています。

通常食道の粘膜は扁平上皮という粘膜に覆われていて、胃や腸は円柱上皮という粘膜で覆われています。
本来であれば食道と胃は異なる粘膜に覆われているものですが、胃酸が何度も逆流することで食道の扁平上皮が胃から連続するように円柱上皮に置き換えられてしまった状態になってしまうのです。

バレット食道の症状について

人によっては何の症状も感じないまま食道がんへの移行する可能性もあるので注意が必要です。
主な初期症状として報告されているのは胸焼けや胸の痛みを訴える人が多いことです。
特に夜間になると痛みが生じやすいと言われています。
苦い水が頻繁に上がってくるのを感じている方も多く、いつもとは異なる症状に気付いた時には速やかに医師に相談することが大切です。

何も自覚症状を感じていないという方はがんが発生するという事態に発展するまでわからないままで過ごしている方が多いようですが、後から振り返ってみるとそういえばあの時こんな症状があったと感じている方も多いです。
ほんの少しの些細な変化も見逃さないようにして自分の身体の状態を知ることが大切です。

バレット食道の治療法

バレット食道を引き起こしてしまったと考えられる胃酸の逆流を抑えて粘膜へこれ以上ダメージを与えないようにするために胃酸の分泌を抑える薬物療法が行われます。
ただし、この治療によって既に生じてしまったバレット食道を無くすことはできません。
バレット食道ができてしまった方はこの後食道がんを発症するリスクが高くなることから、定期的に検査を実施してがん化していないかチェックすることになります。

日本では内視鏡検査が発展しており、高度な技術を持つ医師がたくさん存在していることから、経過観察をしている段階で小さな早期の食道がんも見落とすことなく発見できると言われています。
信頼できる医師に定期的な診察をお願いして、患者さんは処方されたお薬を服用しながら食生活を改善するなどの取り組みも地道に行うことが大切です。