楽観視できない怖い病気

肝臓の病気として知られる肝硬変や慢性肝炎などの症状によって引き起こされる合併症の一つである食道静脈瘤は、食道の粘膜下層にある静脈が太くなって最悪の場合には破裂して出血するというものです。
肝硬変による脂肪原因にもなることから、速やかに治療を行わなければ命の危険を伴う可能性が高くなる恐ろしい病気として認識しなければいけません。

参考:食道静脈瘤

食道静脈瘤の原因

胃や腸を流れている血液は門脈という部分に流れ込んで肝臓に行って心臓に戻るという流れになっています。
胃や腸から肝臓へとスムーズに流れるのが通常の血液の流れなのですが、肝硬変や慢性肝炎など肝臓の病気になると肝臓へ血液が流れにくくなるという症状が現れてきます。

すると門脈に血液が滞るようになって門脈圧が高くなってくるため、血液は別のルートを辿って何とか心臓へ戻ろうとします。
そのルートの一つになるのが食道や胃の粘膜下層にある静脈で、この状態がしばらく続くことで次第に太くなっていき最終的には食道静脈瘤または胃静脈瘤という症状を引き起こします。
この部分は毎日の食生活で食事が通る部分でもあることから、静脈瘤が大きくなるほど破裂して出血を引き起こす原因になるのです。

食道静脈瘤の症状について

食道静脈瘤ができてしまっても自覚症状はないことが大きな問題になります。
自分の身体の中で大変な変化が生じているのに、なかなか気付きにくいため発見が遅れて大変な事態になることが多いのです。
食道静脈瘤を引き起こす原因になる肝硬変や慢性肝炎についてもなかなか自覚症状を感じにくいため発見が遅れがちになることから、かなり悪化してから症状が進行していることに気付くケースが多いです。
ある日突然吐血をしてはじめて肝臓の病気に伴う食道静脈瘤ができていたことがわかるという人もいるようです。

初期症状として慢性的な疲労感や倦怠感、黄疸、胸周辺に血管が浮き出てくるなどの症状が見られる場合には肝硬変などの症状を疑って、速やかに医師に相談をすることが大切です。
医師の診察を受けた結果、肝臓の病気が発覚して食道静脈瘤が既にできていると発見できるケースもあります。

食道静脈瘤の治療法

内視鏡検査やCT検査などを実施した結果、食道静脈瘤を早期発見できます。
静脈瘤の状態を観察しながら適切な治療が行われることになります。
主な治療法としては内視鏡で確認しながら注射針で硬化剤を注入することで静脈瘤を固めて出血するのを抑える方法を行ないます。
他には静脈瘤を内視鏡を使いながら縛って取り去ってしまうという方法もあり、患者さんにとっては安全性に優れているとされていますが、再発する可能性もあると言われていますので、患者さんの症状に合わせてどちらの方法が良いのかを選択しながら併用して治療を行う場合もあります。