腸に内容物が詰まる病気

食べたものは胃から腸へと少しずつ消化されて最後には便になって体外に排出されるのが一般的ですが、腸が本来の働きができなくなると内容物が詰まってしまいお腹が張ったり吐き気をもよおすなどの症状を引き起こします。
時には強い痛みを伴うこともあり、何度も繰り返して辛い思いをすることもあります。
このような症状を伴う病気を腸閉塞といいます。

腸閉塞の原因

腸閉塞を引き起こす原因は大きく分けて2つあります。
一つは機械的腸閉塞で、腸にねじれが生じたり腸管の中に腫瘍ができてしまったことが原因で出口が塞がれてしまって詰まりが生じることになります。
機械的腸閉塞の場合は単純性と複雑性があり、単純性は開腹手術を行った際に癒着が生じたことや腫瘍や胆石、宿便なども原因になります。
複雑性の場合は腸重積やヘルニアなどで腸が塞がれてしまうもので、場合によっては壊死することもあります。

もう一つの機能的腸閉塞の場合は腹膜炎で腸管に悪影響があった場合や脳疾患などが原因で閉塞が生じたことで発症します。
強いストレスを受けたり鼻炎薬などの医薬品を服用した副作用で生じる場合もあります。
他にも鉛中毒や胆石、虫垂炎のため腸管の一部がけいれんしたことで腸の内容物がうまく移動できなくなるため起こります。

腸閉塞の症状

腸閉塞の主な症状としては、お腹の張りや吐き気を感じる方が多く、強くて激しい痛みと鈍痛が何度も繰り返し起こる症状が特徴的です。
場合によっては吐しゃ物が便のような悪臭を放つ場合もあるのは、腸の内容物が逆流してきた証拠だと考えられます。
あまりにも激しい腹痛を伴うと、顔面蒼白になって冷や汗がひどく、脈や呼吸が早くなるショック症状を引き起こす場合もあるため、一刻も早く病院に行くことが大切です。

腸閉塞の治療法

腸閉塞の症状を引き起こすと自然に治ることはほとんどありませんので、症状に合わせた治療を行うことになります。
レントゲンやCT検査などを行った結果、癒着性または麻痺性の腸閉塞の場合には保存療法が行われることになります。
これは外科手術を行うことで再度癒着を生じて腸閉塞の症状を再発するためです。
保存療法は点滴で栄養補給を行ない、絶食をして回復するのを待つことになります。

絞扼性の腸閉塞については腸がこれ以上壊死しないためにも早急に手術を行います。
腫瘍が原因で腸閉塞を引き起こしている場合も手術を行ってその部分を切除する措置が行われます。

これらの適切な判断ができるのは経験豊富な外科医が存在している医療機関でなければいけないと言われています。
腸閉塞の状況によっては一刻を争う事態に発展するので、少しぐらいなら我慢できるから大丈夫だと無理をして過ごしていると手遅れになることもありますので注意してください。