逆流性食道炎になりやすいタイプとして挙げられるのが、アルコール類が好きでついつい深酒をしてしまうという人です。
アルコール類を飲むと胃に大きな負担をかけてしまうので、それが胃液の逆流の原因になって逆流性食道炎の症状を起こします。
飲み過ぎだけでも十分逆流性食道炎の原因になるのですが、もっと悪いのはさらに深酒をすることで嘔吐をしてしまうような人です。
若いときには「吐くまで飲んだもんだ」というふうなことを武勇伝的に語る方もいますが、飲酒による嘔吐はアルコールの摂取過剰による危険な状態であるとともに、胃や食道を大きく傷つけるものでもあります。
もし嘔吐した吐瀉物の中に血液が入っているような場合には逆流性食道炎にとどまらずマロリーワイス症候群にまで進展している可能性があります。

まずなぜ嘔吐が胃や食道に悪い影響を与えるかについて説明をしていきます。
一度に大量のアルコールを飲んだ時の嘔吐は通常の場合と違い、激しい勢いで水分だけが逆流するような状態になります。
これはアルコールを飲み過ぎて胃の容量を超えたせいで起こるというわけではありません。
アルコール類として販売されている飲み物の中に含まれているのはエタノールですが、これは体内に入ったとき消化管から吸収をされて肝臓に運ばれてアセトアルデヒドに分解されるという順序をたどります。
このアセトアルデヒドは体内に入ると嘔吐を促す中枢神経を刺激します。
もし本当に胃に入りきらないくらいに飲んだとしたら、お酒を飲んだ直後に嘔吐が起こるはずです。
しかし飲酒時の嘔吐は飲んでから数時間あとに起こるものなので、それはまさに摂取したアルコールが分解されるタイミングになります。

またこの嘔吐では飲んだアルコール類とともに、胃液や内部の粘膜も一緒に排出されてしまいます。
アルコール類は度数が高いものになるほど飲んだ時に食道内の粘膜を傷つけます。
それが嘔吐によって再び通っていくとなると、一度の飲酒で二度食道が傷めつけられてしまうことになってしまうのです。
逆流性食道炎の予防という意味だけでなく、あとで嘔吐するほどの飲酒はさまざまな面で体に悪影響を与えてしまうので極力避けるようにすることをすすめます。
それでももし吐いてしまうようなことがあったら、できるだけその吐瀉物の内容にも注意をして血液が混ざっていないかも調べて見るようにしてください。
暴飲暴食のあとの嘔吐出血が起こる場合には、食道部分が損傷して傷がついてしまっていることが疑われます。