逆流性食道炎は、比較的自覚症状が出やすく医師の診断を受けなくてもなんとなく自分でどのくらいまで進行しているかを予測することができる病気です。
ですが生活習慣病の代表である糖尿病をすでに発症している人の場合、実際にはかなり深刻に逆流性食道炎が進んでいるにもかかわらずその自覚症状が表に出にくくなってしまうこともあるようです。
糖尿病とは血液内の糖度が異常値とされるくらいにまで高まる状態のことを言い、そのために血液を運ぶ血管内部が大きく損傷されてしまうという病気のことです。
糖尿病にはいくつか種類がありますが、日本人のうち糖尿病の診断を受ける人のほとんどがいわゆる「2型糖尿病」と言われるものとして分類されています。
ほとんどといっても全ての糖尿病患者のうち95%あまりがこの2型糖尿病なのでかなり割合的には高いものと言うことができます。

2型糖尿病とは簡単に言えば後天的な要因が大きく働くことによって起こる症状です。
遺伝的な要因も全く無関係というわけではないのですが、後天的要因としての食生活やストレス、その他の生活習慣が悪く働くことにより血液内の糖分が急激に高まっていってしまうのです。
このとき悪い働きをする「脂っぽいものを過剰に摂取する食生活」「運動不足」「慢性的なストレス」といったものはすべて逆流性食道炎の原因にもつながるものとなっているため、かなり多くの2型糖尿病の患者さんは同時に逆流性食道炎を発症していたりします。
ですが、糖尿病の症状が進むと全身の感覚を司る神経の働きが弱くなってしまうため自覚症状として逆流性食道炎が出てこなくなってしまうということがよくあります。
そのため最初は糖尿病だけで治療をしていたのに、ある時から急激に体調が悪くなりそこでようやく逆流性食道炎が発症していたということを知るというケースもよくあります。

逆流性食道炎では自覚症状のありなしにかかわらず胃と食道をつなぐ部分の筋肉が弱くなることにより、一旦胃の中に入った食べ物が逆方向の喉元に向かって上がっていってしまいます。
そのため長期的に症状を放置すると声がうまく出なくなってしまったりして日常生活にも支障が生じるようになっていったりします。
ひどいときには完全に声がでなくなってしまうということもあるそうで、そうなってからの治療は糖尿病との兼ね合いもありかなり長期的で苦しいものになってしまいます。
糖尿病として診断された人は、できるだけ定期的に逆流性食道炎の検査も受けるようにしましょう。